Railsアプリ開発のためのDocker/Kubernetes入門4 Kubernetes基礎編

RailsアプリケーションをKubernetes(以後、k8s)で運用できるようにするための手順を書きます。 この記事はシリーズ連載記事の第四回です。

今回は以下のサンプルアプリケーションをminikubeにデプロイするためのマニフェストや手順について説明します。

https://github.com/kwhrtsk/rails-k8s-demoapp

前提

  • macOSでの作業を前提としています。
  • 使用したツールのバージョンなどは 初回 の記事を参照してください。
  • ツールのインストール手順は 前回 の記事を参照してください。

準備

まずサンプルアプリのコードをチェックアウトしてminikubeを起動してください。 (前回と同じなのですでにやっている人は読み飛ばしてください)

# サンプルアプリのコードをチェックアウト
$ git clone https://github.com/kwhrtsk/rails-k8s-demoapp.git
$ cd rails-k8s-demoapp

# minikubeを起動
$ minikube start --cpus=3 --memory=2048 --vm-driver=hyperkit --disk-size=12g

# kubernetesのダッシュボードをオープン
$ minikube dashboard

概要

前回は下記について説明しました。

  • APIオブジェクトを定義するマニフェストファイルをYAML形式で記述する方法
  • マニフェストファイルとkubectlコマンドを使ってAPIオブジェクトを管理する方法

今回は実際にRailsアプリをMySQLやRedisなどのミドルウェアも含めて丸ごとk8sクラスタ上にデプロイするための手順を説明します。 一度に多種のAPIオブジェクトを使うと全体を理解するのが難しくなるので、 4つのステップに分けて進めます。

Step1では、第2回Docker Compose/Dockerfile編docker-compose-preview.ymlに相当する構成をできるだけ少ないAPIオブジェクトで簡潔に記述します。 この時点では簡潔さと引き換えにいくつかの制約がありますが、それらをStep2からStep4で解消していきます。

今回のKubernetes基礎編ではStep1を説明し、 次回のKubernetes応用編でStep2以降を説明します。

Railsアプリのイメージをminikube上で使えるようにする方法

マニフェストの説明に入る前に、ビルドしたRailsアプリのイメージをminikube上にデプロイできるようにする方法を説明します。

いくつかの方法があります。

  1. Docker Hubのようなパブリックレジストリに登録する。
  2. AWSのECRGCPのContainer Registry のようなプライベートレジストリサービスに登録する。
  3. プライベートレジストリサービスを自前で用意してそこに登録する。
  4. minikube VM上のDockerプロセス上に接続して直接イメージをビルドする。

今回は一番簡単な4の方法を使います。

準備 の節を参照して、サンプルコードをチェックアウトしminikubeを起動したら、下記のコマンドを実行してください。

$ (eval $(minikube docker-env) && docker build . -t demoapp:0.0.1)

minikube docker-envコマンドは、minikube VM上のDockerプロセスに接続できるようにするための環境変数を出力します。 上記のようにすることでminikube VM上のDockerプロセス上で直接イメージをビルドします。 これにより、マニフェストではイメージ名をdemoapp:0.0.1と指定すればこのイメージを使えるようになります。

この方法を使う場合、タグにはlatest以外の値を指定してください。 k8sの仕様で、タグがlatestになっているイメージを指定するとコンテナの起動前に必ずレジストリからイメージをpullしようとするため、 4の方法だと必ず失敗するようになってしまいます。

これは4の方法を使う場合の制約ではあるのですが、 インフラの構成管理という観点ではそもそもイメージのタグにlatestを使うとデプロイされるバージョンがタイミング依存になるため、 4以外の方法でもlatestタグの使用は避けたほうが良いと思います。

Step1: Deployment, Service, ConfigMap, Secret

Step1では、第2回Docker Compose/Dockerfile編の Composeファイルdocker-compose-preview.ymlに相当する構成を(いくつかの制約と引き換えに)できるだけ簡潔に記述します。

# docker-compose-preview.yml
version: "3"
services:
  puma:
    image: demoapp
    build:
      context: .
    env_file:
      - .dockerenv/rails
    ports:
      - 3000:3000
    depends_on:
      - mysql
      - redis
    command: ./bin/setup-db-and-start-puma

  sidekiq:
    image: demoapp
    env_file:
      - .dockerenv/rails
    depends_on:
      - puma
    command: ./bin/start-sidekiq

  mysql:
    image: mysql:5.7.21
    env_file:
      - .dockerenv/mysql

  redis:
    image: redis:4.0.9
    command: redis-server --appendonly yes

このComposeファイルの要点は下記の通りです。

  • puma, sidekiq, mysql, redisの4つのサービス(コンテナ)を起動
  • puma, sidekiqコンテナに設定する環境変数は .dockerenv/rails にまとめて記述
  • mysqlコンテナに設定する環境変数は .dockerenv/mysql にまとめて記述
  • pumaコンテナには3000番ポートで接続可能
  • データベーススキーマの初期化(rails db:setup)はpumaコンテナの起動時に実行
    • 詳細は前回の記事./bin/setup-db-and-start-pumaの解説を参照

これと同等の構成をk8sで実現するために、DeploymentServiceConfigMapSecretの4種類のAPIオブジェクトを使います。

Deploymentは、Pod(≒コンテナ)の起動管理を行うオブジェクトです。 Serviceは、PodへアクセスするためのI/Fを提供します。 この二つは前回のKubernetes入門編で解説したので詳細はそちらを参照してください。

DeploymentServiceの組み合わせで、Docker Composeにおけるserviceに相当する機能になります。 今回の例だと、mysql, redis, pumaのサービスには外部のコンテナまたはクラスタの外部(ブラウザ)からアクセスする必要があるため、 DeploymentServiceを一組ずつ定義します。 sidekiqは外から参照する必要がないため、Deploymentのみ定義します。

ConfigMapSecretは、Deploymentに設定する環境変数の管理に使います。 今回の使い方ではComposeファイルにおける.dockerenv/mysql.dockerenv/railsに相当します。

使用するマニフェストファイルは以下の11個で、全てk8s/manifests-step1/に置いてあります。 一つのYAMLファイルに一つのAPIオブジェクトの定義を書いています。

  • mysql-deploy.yaml
  • mysql-env-cm.yaml
  • mysql-env-secret.yaml
  • mysql-svc.yaml
  • redis-deploy.yaml
  • redis-svc.yaml
  • puma-deploy.yaml
  • puma-svc.yaml
  • rails-env-cm.yaml
  • rails-env-secret.yaml
  • sidekiq-deploy.yaml

これから順に内容を説明していきますが、まずはデプロイを実行してみましょう。

準備 の節を参照して、サンプルコードをチェックアウトしminikubeを起動したら、下記のコマンドを実行してください。 デプロイが済んだ後、ブラウザでサンプルアプリを開くことができます。

# Railsアプリのイメージをビルド
$ (eval $(minikube docker-env) && docker build . -t demoapp:0.0.1)

$ cd k8s/manifests-step1

# APIオブジェクトを作成
$ cat *.yaml | kubectl apply -f -

# pumaとsidekiqの起動が完了するまで待機
$ kubectl rollout status deploy demoapp-puma
$ kubectl rollout status deploy demoapp-sidekiq

# puma serviceのエンドポイントをブラウザでオープン
$ minikube service demoapp-puma

上記の手順と等価なタスクをMakefileに定義してあるので、代わりにmakeコマンドで実行することもできます。

$ cd k8s/manifests-step1
$ make kubectl-apply
$ make kubectl-rollout-status
$ make minikube-service

# またはパラメータなしの make で全て順に実行

APIオブジェクトを削除するには次のようにします。

$ cd k8s/manifests-step1
$ cat *.yaml | kubectl delete -f -
# または make clean

Makefileは下記のような内容です。GNU Makeで動作を確認しています。

# k8s/manifests-step1/Makefile

SHELL = /bin/bash

all:
    $(MAKE) minikube-docker-build
    $(MAKE) kubectl-apply
    $(MAKE) kubectl-rollout-status
    $(MAKE) minikube-service

clean: kubectl-delete

minikube-docker-build:
    eval $$(minikube docker-env) && docker build ../../ -t demoapp:0.0.1

kubectl-apply:
    cat *.yaml | kubectl apply -f -

kubectl-rollout-status:
    kubectl rollout status deploy demoapp-puma
    kubectl rollout status deploy demoapp-sidekiq

minikube-service:
    minikube service demoapp-puma

kubectl-delete:
    cat *.yaml | kubectl delete -f -

スクリプト化するまでもないような短いコマンドであっても、 定型的な処理はこのように形として残しておくのがおすすめです。 こういった小さな積み重ねがチーム内に暗黙知が生まれることを防ぎます。

次に、各マニフェストファイルの内容を説明します。

mysql-deploy.yaml: mysql の Deployment

はじめにMySQLに関連するマニフェストの内容を説明します。

まずは Deployment から。

# k8s/manifests-step1/mysql-deploy.yaml
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: demoapp-mysql
  labels:
    app: demoapp
    component: mysql
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: demoapp
      component: mysql
  template:
    metadata:
      labels:
        app: demoapp
        component: mysql
    spec:
      restartPolicy: Always
      containers:
        - name: mysql
          image: mysql:5.7.21
          livenessProbe:
            tcpSocket:
              port: 3306
          readinessProbe:
            tcpSocket:
              port: 3306
          envFrom:
            - configMapRef:
                name: demoapp-mysql-env
            - secretRef:
                name: demoapp-mysql-env

最初なので全般事項についてもここで説明します。

  • .metadata.nameにはdemoapp-mysqlのようにdemoapp-というプレフィクスをつけます。 例えば、Serviceオブジェクトの名前をredisにしてしまうと、それ以降に起動する全てのコンテナにk8sによってREDIS_PORTのような環境変数が設定されるのですが、 sidekiqなど一部のgemはこういった環境変数によって動作が変わってしまう場合があります。 名前のプレフィクスはこのような環境変数とgemなどで一般的に使用される環境変数が競合するのを避けるのが目的です。 自動設定される環境変数の詳細についてはドキュメントを参照してください。
  • 各種ラベルには、共通でappラベルにdemoappを、コンポーネントごとにcomponentラベルを設定します。 コンポーネントはpuma, sidekiq, mysql, redisなどです。
  • 同一のコンポーネントに属するAPIオブジェクトには、同一の名前とラベルを設定します。 例えば、mysql用のDeploymentServiceには.metadata.nameに共通のdemoapp-mysqlという名前をつけます。 また、.metadata.labelsにはapp: demoapp, component: mysqlの二つを設定します。
  • マニフェストのファイル名には、コンポーネントとAPIオブジェクトの種類の略称を使います。 例えば mysqlDeploymentであれば mysql-deploy.yaml となります。 略称については 前回のkubectl getの節を参照してください。

次に、mysqlのための固有の設定について説明します。

livenessProbereadinessProbeは、コンテナの死活監視のための設定項目です。 この例では3306番ポートにTCP接続できるかどうかで判定を行なっています。 また、上記では使用していませんが、それぞれinitialDelaySeconds(最初に検査を行うまでの待機秒数)やperiodSeconds(検査の間隔: デフォルト10秒) などの項目を設定することができます(詳細)。 また、コマンドを実行したりHTTPリクエストを投げることもできます。

livenessProbeで死亡判定されると、ReplicaSetrestartPolicyに基づいてそのPodの再起動か再作成を試みます。 条件が厳しすぎるとプロセスの起動処理中に強制的に再起動されていつまで経っても起動しなくなります。 その場合はinitialDelaySecondsなどの値を緩めるなどして調整する必要があります。

readinessProbeServiceオブジェクトがそのPodに接続リクエストを転送するかどうかの判定に使います。 こちらは起動直後のPodにリクエストを転送するのを防ぐことなどを目的に使用します。

envFromは環境変数を設定するための項目です。 この例では ConfigMapSecret という別のAPIオブジェクトを参照して環境変数を設定しています。 ConfigMapSecretについては後述します。

envを使うと直接Deploymentの定義の内部に環境変数を定義することもできます。詳細は下記を参照してください。

Define Environment Variables for a Container | Kubernetes

mysql-svc.yaml: mysql の Service

続いてmysql-service.yamlの内容を説明します。

# k8s/manifests-step1/mysql-svc.yaml
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: demoapp-mysql
  labels:
    app: demoapp
    component: mysql
spec:
  ports:
    - protocol: TCP
      port: 3306
  selector:
    app: demoapp
    component: mysql

.spec.selectorappcomponentという二つのラベルを指定しています。 これはmysql-deploy.yaml.spec.template.metadata.labelsと一致させる必要があります。

前回のKubernetes入門編ではappというラベル一つで DeploymentServiceを接続していましたが、 今回はDeploymentmysqlの他にredispumaなど複数存在するため、 app: demoappというラベルだけだとmysqlServiceredispumaPodを参照して混線することになります。 これを避けるためにappcomponentという二つのラベルをセレクタに指定しています。

mysql-env-cm.yaml: mysqlの環境変数用ConfigMap

次にmysql-env-cm.yamlを説明します。

# k8s/manifests-step1/mysql-env-cm.yaml
---
apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: demoapp-mysql-env
data:
  MYSQL_USER: demoapp
  MYSQL_DATABASE: demoapp_production

ConfigMapは環境変数や設定ファイルなどアプリケーションのパラメータを管理するためのAPIオブジェクトです。 使用形態には大まかに3つの方法があります。

  1. envFromで丸ごと環境変数に設定する。
  2. envでキーを指定して個別に環境変数に設定する。
  3. キーを指定して値をファイルとしてPod上のファイルにマウントする。

mysql-deploy.yamlでは1の方法を使っています。関係ある部分だけ抜き出すと下記の通りです。

# k8s/manifests-step1/mysql-deploy.yaml
---
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - name: mysql
          image: mysql:5.7.21
          envFrom:
            - configMapRef:
                name: demoapp-mysql-env # ConfigMapの `.metadata.name` を指定

このように参照すると、ConfigMapの.dataの各エントリが全て環境変数として設定されます。

2の方法で同じことをしようとすると下記のようになります。

# k8s/manifests-step1/mysql-deploy.yaml
---
spec:
  template:
    spec:
      containers:
        - name: mysql
          image: mysql:5.7.21
          env:
            - name: MYSQL_USER  # 環境変数名を指定
              valueFrom:
                configMapKeyRef:
                  name: demoapp-mysql-env # ConfigMapの`.metadata.name`を指定
                  key: MYSQL_USER         # ConfigMapの`.data`エントリのキーを指定
            - name: MYSQL_DATABASE
              valueFrom:
                configMapKeyRef:
                  name: demoapp-mysql-env
                  key: DATABASE

だいぶ冗長になりました。envFromは比較的最近追加された機能なので以前はこの方法で書いていましたが大変でした。 ConfigMapはできるだけ用途に応じた単位で分割して、envFromを使えるようにした方が良いと思います。

3の方法は、例えば/etc/mysql/my.cnfのような設定ファイルをConfigMapで管理する方法です。 .dataエントリに定義した値をファイルとしてPod上の任意のパスにマウントすることができます。 この方法についてはこのドキュメントでは扱いませんので、詳細は下記の資料を参照してください。

Configure a Pod to Use a ConfigMap | Kubernetes

ConfigMapSecretについては、APIオブジェクトの名前(.metadata.name)を ${プレフィクス}-${コンポーネント}の形式ではなく、さらに-envを付け加えてdemoapp-mysql-envのような形にしています。 これは将来的に環境変数に加えて3の方法で設定ファイルを追加する場合に名前が競合するのを防ぐ意図があります。 (設定ファイル用のConfigMapを追加する場合はdemoapp-mysql-confのような名前にするのが良いと思います)

mysql-env-secret.yaml: mysqlの環境変数用Secret

最後にmysql-env-secret.yamlを説明します。

# k8s/manifests-step1/mysql-env-secret.yaml
---
apiVersion: v1
kind: Secret
metadata:
  name: demoapp-mysql-env
data:
  MYSQL_PASSWORD: c2VjcmV0 # echo -n "secret" | base64
  MYSQL_ROOT_PASSWORD: dG9wc2VjcmV0 # echo -n "topsecret" | base64

SecretConfigMap同様キー・バリュー形式で設定値を管理できるAPIオブジェクトですが、 パスワードやクレデンシャルなど機密性の高い情報を管理することを前提としています。

Secretは、ConfigMapと比較すると表面的には下記の点が異なります。

  • .dataエントリに値を書き込むときはBASE64エンコードして書く必要がある。
  • Dashboard上ではデフォルトで値が表示されないようになっている。(クリックで表示させることはできる)
    • GCPのConsole上だと表示できない

また、Secretの中身はPodのtmpfs上に展開されディスクには書き込まれないなど、 内部的にはConfigMapよりも安全性に配慮された運用が行われます。 セキュリティ上の制限については下記のドキュメントを参照してください。

Encrypting Secret Data at Rest | Kubernetes

Deploymentからの参照方法はほとんどConfigMapと同じなので説明を割愛します。 configMapRefの代わりにsecretRefを使う必要がある点にだけ注意してください。

なお、SecretオブジェクトのマニフェストファイルにはBASE64エンコードしただけの値を書いているので平文で機密情報を書いているのと同じです。 通常はこのままgitリポジトリにコミットすることはしません。 実際の運用の際には sopsyaml_vault とGCP/AWSのKMSで暗号化するのがおすすめですが、それについてはHelm編で紹介したいと思います。

redis-deploy.yaml: redis の Deployment

次にRedisに関連するマニフェストの内容を説明します。

まずは Deployment から。

# k8s/manifests-step1/redis-deploy.yaml
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: demoapp-redis
  labels:
    app: demoapp
    component: redis
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: demoapp
      component: redis
  template:
    metadata:
      labels:
        app: demoapp
        component: redis
    spec:
      restartPolicy: Always
      containers:
        - name: redis
          image: redis:4.0.9
          livenessProbe:
            tcpSocket:
              port: 6379
          readinessProbe:
            tcpSocket:
              port: 6379
          command:
            - redis-server
            - --appendonly
            - "yes"

構造としては mysql-deploy.yaml とほとんど同じです。

commandに関しては、docker-compose-preview.yamlでは下記のように文字列のエントリとして定義していましたが、 k8sのマニフェストでは上記の通り配列として定義する必要がある点に注意してください。

services:
  redis:
    image: redis:4.0.9
    command: redis-server --appendonly yes

redis-svc.yaml: redis の Service

続いて Service の内容を確認します。

# k8s/manifests-step1/redis-svc.yaml
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: demoapp-redis
  labels:
    app: demoapp
    component: redis
spec:
  ports:
    - protocol: TCP
      port: 6379
  selector:
    app: demoapp
    component: redis

componentとポート番号が違うだけでmysqlのものとほとんど同じです。 特筆すべき点はありません。

puma-deploy.yaml: puma の Deployment

いよいよRailsアプリ本体のためのマニフェストの説明に移ります。

まずはpuma用のDeploymentから説明します。

# k8s/manifests-step1/puma-deploy.yaml
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: demoapp-puma
  labels:
    app: demoapp
    component: puma
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: demoapp
      component: puma
  template:
    metadata:
      labels:
        app: demoapp
        component: puma
    spec:
      restartPolicy: Always
      containers:
        - name: puma
          image: demoapp:0.0.1
          imagePullPolicy: IfNotPresent
          command:
            - ./bin/setup-db-and-start-puma
          livenessProbe:
            httpGet:
              path: /health_check/full
              port: 3000
            initialDelaySeconds: 30
          readinessProbe:
            httpGet:
              path: /health_check/full
              port: 3000
            initialDelaySeconds: 30
          envFrom:
            - configMapRef:
                name: demoapp-rails-env
            - secretRef:
                name: demoapp-rails-env
  • imageにはdocker buildコマンドで指定したイメージ名を指定します。
  • imagePullPolicyIfNotPresentを指定します。前述の通りこのイメージはレジストリに登録していないためです。
  • commandにはdocker-compose-preview.ymlと同じく./bin/setup-db-and-start-pumaを指定します。 これはpumaの起動前にrails db:setupを試みるスクリプトです。詳細は第2回の記事で説明しました。
  • livenessProbereadinessProbeではそれぞれ/health_check/fullというパスを指定しています。 このサンプルアプリではhealth_checkというgemで死活監視用のエンドポイントを実装しています。 このパスを叩くだけでMySQLやRedisとの接続検証を行うことができるようになります。
  • envFromでは、demoapp-rails-envという名前のConfigMapSecretを参照しています。 これらのオブジェクトはdocker-compose-preview.ymlにおけるenv_fileに相当する環境変数の設定を保持しています。

puma-svc.yaml: puma の Service

次にpuma用のServiceの定義を確認します。

# k8s/manifests-step1/puma-svc.yaml
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: demoapp-puma
  labels:
    app: demoapp
    component: puma
spec:
  type: NodePort
  ports:
    - protocol: TCP
      port: 3000
  selector:
    app: demoapp
    component: puma

.spec.typeNodePortを指定しています。 mysqlredisと異なり、pumaの接続相手は他のコンテナではなくクラスタの外にあるブラウザです。 そのため、クラスタ内での通信のためのエンドポイントを生成するClusterIPの代わりにNodePortを指定しています。

NodePortを指定すると、k8sクラスタを構成する全てのノードに、このサービスへ接続するためのエンドポイントが作成されます。 .ports[*].nodePortで公開するポートを指定することもできますが、使用中のポートを指定するとエラーになります。 無指定の場合は、30000-32767のレンジから自動的に割り当てられます。 いずれの場合も、ポート番号は全てのノードで同じになります。

Type NodePort

minikubeの場合、このサービスへ接続するためのURLはminikube service listで確認することができます。

% minikube service list
|-------------|----------------------|----------------------------|
|  NAMESPACE  |         NAME         |            URL             |
|-------------|----------------------|----------------------------|
| default     | demoapp-mysql        | No node port               |
| default     | demoapp-puma         | http://192.168.64.25:32320 |
| default     | demoapp-redis        | No node port               |
| default     | kubernetes           | No node port               |
| kube-system | default-http-backend | http://192.168.64.25:30001 |
| kube-system | kube-dns             | No node port               |
| kube-system | kubernetes-dashboard | http://192.168.64.25:30000 |
|-------------|----------------------|----------------------------|

また、minikube service demoapp-pumaのようにServiceの名前をパラメータとして渡せば、そのURLをブラウザでオープンすることができます。 典型的には、http://$(minikube ip):32320のようにminikube ipにランダムなポート番号を与えた形式のURLでアクセスできるようになります。

さて、前述のようにNodePortを指定するとk8sクラスタを構成する全てのノードにエンドポイントが用意されます。 minikubeのようにシングルノード構成の検証用クラスタではこれで十分ですが、 マルチノード構成の本番環境では不十分です。 少なくとも負荷分散や可用性担保のためには前段にロードバランサが必要になるし、 k8sの外側でロードバランサの管理をするのは面倒です。

外向けのエンドポイントにロードバランサを組み合わせる場合、 通常はLoadBalancerタイプのServiceIngressというオブジェクトを使います。 次回Kubernetes応用編のStep4 ではIngressを使ってこの問題に対処する方法を示します。

rails-env-cm.yaml: pumaとsidekiqに共通の環境変数用ConfigMap

下記のような内容です。MySQLやRedisのホスト名として、それぞれmysql-svc.yamlredis-svc.yamlで定義した Serviceオブジェクトの名前を指定しています。

# k8s/manifests-step1/rails-env-cm.yaml
---
apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: demoapp-rails-env
data:
  RAILS_SERVE_STATIC_FILES: "true"
  RAILS_LOG_TO_STDOUT: "true"
  SIDEKIQ_TIMEOUT: "60"
  MYSQL_HOST: demoapp-mysql
  MYSQL_USER: demoapp
  MYSQL_DATABASE: demoapp_production
  REDIS_HOST: demoapp-redis
  REDIS_URL: redis://demoapp-redis:6379/1

rails-env-secret.yaml: pumaとsidekiqに共通の環境変数用Secret

特筆すべき点は特にありません。

mysql-env-secret.yamlの説明の際にも述べたとおり、環境変数の値はこの時点では暗号化されていないため、 実際の運用においては sopsyaml_vault で暗号化するなどしてからgitリポジトリに含める必要があります。

# k8s/manifests-step1/rails-env-secret.yaml
---
apiVersion: v1
kind: Secret
metadata:
  name: demoapp-rails-env
data:
  SECRET_KEY_BASE: MTIz # echo -n "123" | base64
  MYSQL_PASSWORD: c2VjcmV0 # echo -n "secret" | base64

sidekiq-deploy.yaml: sidekiq の Deployment

最後にsidekiq用のDeploymentの定義を見ます。

# k8s/manifests-step1/sidekiq-deploy.yaml
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: demoapp-sidekiq
  labels:
    app: demoapp
    component: sidekiq
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: demoapp
      component: sidekiq
  template:
    metadata:
      labels:
        app: demoapp
        component: sidekiq
    spec:
      restartPolicy: Always
      terminationGracePeriodSeconds: 65
      containers:
        - name: sidekiq
          image: demoapp:0.0.1
          imagePullPolicy: IfNotPresent
          command:
            - ./bin/start-sidekiq
          livenessProbe:
            exec:
              command:
                - ./bin/health-check-sidekiq
            initialDelaySeconds: 30
          envFrom:
            - configMapRef:
                name: demoapp-rails-env
            - secretRef:
                name: demoapp-rails-env

内容としてはほぼpuma-deploy.yamlと同じですが、下記の点に注目してください。

  • terminationGracePeriodSecondsPodにTERMシグナルを送ってからプロセスの終了を待つ時間です。 この時間を超えるとプロセスはKILLシグナルで強制的に停止されます。デフォルト値は30秒です(参考)。 ./bin/start-sidekiqでは-t $SIDEKIQ_TIMEOUTオプションをつけてsidekiqを起動しており、 $SIDEKIQ_TIMEOUTにはrails-env-cm.yamlで60秒を指定しているので、terminationGracePeriodSecondsには65秒を設定しています。 ローリングアップデートやコンテナ終了時の動作の詳細についてはStep2で説明します。
  • livenessProbepumaと異なりexecタイプで独自実装のコマンドを呼び出します。内容については後述します。
  • Serviceと接続しないためreadinessProbeは定義しません。
  • envFromは完全にpumaと同じです。厳密にいうと環境変数SECRET_KEY_BASEは無くても動作するのですが、 設定を簡素化するためにpumaと共通化しています。

sidekiqワーカープロセスの死活監視

sidekiqのワーカープロセスには、pumaのようなヘルスチェックのためのインタフェースがありません。 sidekiqのオプションでPIDをファイルに書き出すようにすればプロセスの存在確認くらいはできるのですが、 そもそもプロセスが停止しているようなケースではコンテナ自体が終了してしまうためk8s側で死亡判定できます。 問題は何らかの原因でsidekiqプロセスが生きたまま応答しなくなっているようなケースをいかに検出するかです。

sidekiqのワーカープロセスは定期的に自身のホスト名やプロセスIDなどの情報をRedisに書き込んでいます。 この処理はheartbeatと呼ばれています。 (詳細はこの素敵な絵文字メソッドを参照)

heartbeatは5秒間隔で実行されますが、60秒間更新が無いと自動的にRedisから削除されるようになっています。 heartbeatによってRedisに書き込まれたワーカーのリストはsidekiqのWeb UI上でも確認することができます。

そしてこのワーカーのリストは、SidekiqのAPIでも取得することができます。

https://github.com/mperham/sidekiq/wiki/API#processes

k8sではPodのホスト名はPodの名前と同じになるのでユニークであることが保証されています。 livenessProbeで実行しているスクリプト./bin/health-check-sidekiqでは、 このAPIを利用してワーカーのリストに自身のホスト名が含まれているかどうかを確認しています。

#!/bin/bash -e

cd $(dirname $0)/..

./bin/rake sidekiq:status
# lib/tasks/sidekiq.rake

namespace :sidekiq do
  desc "Health check for sidekiq worker process."
  task status: [:environment] do
    require "socket"

    hostname = Socket.gethostname
    if Sidekiq::ProcessSet.new.any? { |ps| ps["hostname"] == hostname }
      exit 0
    else
      exit 1
    end
  end
end

死活監視が意図したように動作するかどうかは、sidekiqプロセスにSIGSTOPシグナルを送ってサスペンドすれば確認できます。 SIGKILLSIGTERMなどでは即座にコンテナが終了するため、livenessProbeを待たずPodが再起動される点に注意してください。

$ kubectl get pods
NAME                               READY     STATUS    RESTARTS   AGE
demoapp-mysql-57d56b47cd-ztc5k     1/1       Running   0          2m
demoapp-puma-749c456c87-6vhrl      1/1       Running   0          2m
demoapp-redis-58f795f487-v2x4j     1/1       Running   0          2m
demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf   1/1       Running   0          2m

$ kubectl exec demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf -- pgrep -l sidekiq
31 sidekiq 5.1.3 app [0 of 25 busy]

$ kubectl exec demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf -- pkill -STOP sidekiq

この後、60秒ほど待つとSidekiqのWeb UI上でワーカープロセスが消えるのを確認できます。 さらにその後、だいたい10秒に一度の頻度でヘルスチェックが失敗したというログがsidekiqPodのイベントログに表示されます。 3回失敗したところでコンテナがKillされて再起動し、再びSidekiqのWeb UI上に新しいワーカーが 現れるのを確認できます。

$ kubectl get pods --watch
NAME                               READY     STATUS    RESTARTS   AGE
demoapp-mysql-57d56b47cd-ztc5k     1/1       Running   0          3m
demoapp-puma-749c456c87-6vhrl      1/1       Running   0          3m
demoapp-redis-58f795f487-v2x4j     1/1       Running   0          3m
demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf   1/1       Running   0          3m
demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf   1/1       Running   1         5m

$ kubectl describe pod demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf
(省略)
Events:
  Type     Reason                 Age               From               Message
  ----     ------                 ----              ----               -------
  Normal   Scheduled              5m                default-scheduler  Successfully assigned demoapp-sidekiq-669cd7cb6c-bfhpf to minikube
  Normal   SuccessfulMountVolume  5m                kubelet, minikube  MountVolume.SetUp succeeded for volume "default-token-dzvgp"
  Warning  Unhealthy              42s (x3 over 1m)  kubelet, minikube  Liveness probe failed:
  Normal   Pulled                 11s (x2 over 5m)  kubelet, minikube  Container image "demoapp:0.0.1" already present on machine
  Normal   Created                11s (x2 over 5m)  kubelet, minikube  Created container
  Normal   Started                11s (x2 over 5m)  kubelet, minikube  Started container
  Normal   Killing                11s               kubelet, minikube  Killing container with id docker://sidekiq:Container failed liveness probe.. Container will be killed and recreated.

まとめ

Step1では、第2回Docker Compose/Dockerfile編docker-compose-preview.ymlに相当する構成をDeployment, Service, ConfigMap, Secretの4種のAPIオブジェクトで記述しました。

この時点では下記に挙げる三つの制約があります。

  • pumaコンテナを複数起動するとrails db:setupが並列実行されてエラーになる。
  • MySQLやRedisのデータが永続化されていないため、コンテナを停止するとデータも消える。
  • pumaに外部からアクセスするためのエンドポイントを本番環境で運用するのが難しい。

これらの制約を解消する方法は次回Kubernetes応用編で取り上げたいと思います。

参考情報

広告