Chef 12のオープンソース版と25ノード制限について

Chef バージョン12がリリースされました。

ところで下記のニュースで気になる記述がありました。

ビジネスモデル面でも変更があり、 オープンソース版(「Chef Essentials」)と商用版(「Chef Enterprise」)を単一のコードベースに統一し、 新たにフリーミアムサブスクリプションモデルを導入した。 新たに導入された無料の「Chef Essentials」プランでは、25ノードまで(ホステッド版では5ノードまで)の設定管理が可能となっている。

オープンソース版のライセンスが変わって、25ノードまでの台数制限が入った ようにも読めます。

マジか。

さすがにそれは無いだろうと思ったけど念の為に本家の情報を確認。

Chef | IT automation for speed and awesomeness | Chef

上記のページより、ライセンスと価格についての表示を引用します。

CHEF Essentialsというのがオープンソース版ですね。ここに下記のような記述があります。

Premium Features

・Access to premium features for up to 25 nodes ・Hosting available for up to 5 nodes

つまり25ノードに制限されるのは、Essentials版そのものではなく、 SubscriptionとEnterprise Subscriptionの欄に書かれている Premium Featuresだけです。

Premium Features

・Management console with reporting and role-based access control ・Analytics platform ・High availability ・Replication ・Available as hosted service

以下の機能はEssentials版でも無制限に利用できます。

✔ Chef server

    ✔ Manage 10,000+ Nodes with a single Chef server
    ✔ Maintain a searchable blueprint of your infrastructure
    ✔ Easy Installation with Omnibus installer

✔ Chef client

    ✔ Easily manage Linux, Windows, Mac OS, Solaris, and FreeBSD

✔ Chef development kit

    ✔ Everything you need to start managing applications and infrastructure with Chef
    ✔ Download and install in just a few clicks

✔ Integration with all major cloud providers
✔ Easily manage containers in a versionable, testable and repeatable way. 

ありえないと思ったんだけどドキドキした。

何か勘違いがあれば @KawaharaTaisuke 宛までご指摘いただけましたら幸いです。

リンク

広告